列車の旅彩発見 花輪線 十和田八幡平四季彩ライン

rss購読RSS FEED

花輪線利用促進協議会
〒018-5292
秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
鹿角市役所産業部産業活力課
TEL:0186-30-0248
FAX:0186-30-1515

メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。
 サイトの利用規約

このページの上へ

岩手県と秋田県をつなぐ花輪線

新着情報

駅周辺情報

【イベント】八幡平・安比ゆきフェスティバル2020(2/8~2/28)

冬の八幡平を楽しめるイベントです。
 

【開催場所・会場】
八幡平市内協賛参加店・宿泊施設・サラダファーム特設会場
安比高原スキー場・八幡平リゾートパノラマスキー場&下倉スキー場等

 

【開催期間】
2月8日(土)~28日(金)

 

【アクセス】
JR花輪線・岩手県北バス(路線バス)
東北自動車道松尾八幡平IC~

 

【問い合わせ】
八幡平観光イベント実行委員会
事務局:八幡平市観光協会 TEL0195-78-3500

【イベント】講演会「花輪線からみる鹿角の未来」(2/9)

【チラシ】講演会「花輪線からみる鹿角の未来」

 

花輪線利用促進協議会と鹿角市産業活力塾の共同企画で講演会を開催します。
講師に作家で鉄道写真家の矢野直美氏と地域エコノミストの藻谷浩介氏をお迎えし、花輪線にスポットを当て、地域の魅力再発見と地域産業への活力を探ります。
どなたでもご参加いただけますので、お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

【開催場所・会場】
鹿角市交流センター 講堂

 

【開催日程】
2月9日(日)13:00~15:30

 

【料金】
入場無料・申し込み不要です。

 

【アクセス】
「鹿角花輪駅」から路線バスで約10分

 

【お問い合わせ】
花輪線利用促進協議会事務局(鹿角市産業活力課)0186-30-0248

【イベント】第31回早春芸能フェスティバル(3/15)

写真:第30回早春芸能フェスティバルの様子

 

地元はもちろん、県外から集まった康楽館友の会会員が「歌謡」「舞踊」「演奏」など日ごろの成果を披露します。

 

【開催日程】
3月15日(日)  11時開場 12時開演

 

【開催場所・会場】
小坂町康楽館

 

【アクセス】
十和田南駅から路線バスで約25分

 

【観覧料】
前売券700円(1月30日 当日券1,000円)

 

【前売券取扱箇所/前売券は1月30日より発売開始】
康楽館・小坂鉱山事務所・セパーム
七滝公民館・川上公民館・コモッセ
ほくしか鹿鳴ホール

 

【お問い合わせ】
康楽館友の会事務局(小坂町役場観光商工班内)
TEL 0186-29-3908

【観光スポット情報】大鰐温泉スキー場

上級者からお子さんまで、多彩なコースで皆さまのご来場をお待ちしています。
毎週土曜は中学生以下に限り1日券500円です!レストランでは、大鰐産シャモロックでダシをとったラーメンや、大鰐産レトロポークのカレーなど美味しいメニューを多数取り揃えております。レンタルスキー、スノボも完備しています。

 

大鰐温泉スキー場

 

【場所】 大鰐温泉スキー場

 

【アクセス】
JR花輪線大館駅にてJR奥羽本線(青森方面)に乗り換え。
JR奥羽本線(大鰐温泉駅)よりタクシー5分。

 

【開催日、時間、料金等】
オープン予定:2019年12月21日(土)
時間:8:30~16:45
料金:リフト、レンタル料金等の詳細はHPをご覧下さい。
大鰐温泉スキー場HP

 

【お問い合わせ先】
大鰐温泉スキー場管理事務所
TEL:0172-49-1023
URL:http://www.owani-ski.com/

【イベント】比内とりの市(1/25~1/26)

 

昭和60年(1985)年1月に当時の比内町商工会青年部によって始められたもので、特産の比内地鶏をメインに地元の素材をとことん使った冬のビッグイベントです。「見る・遊ぶ・買う・食べる」の4要素を盛り込み、来場者も一緒に楽しめる祭りです。
会場中央に造られた神殿では、メイン行事である比内鶏の供養とともに全ての食鳥の霊に感謝する「感謝祭」、神楽の奉納などが行われます。
また、特設ステージや会場内広場では郷土芸能の披露、副賞入りのもちまき、比内地鶏卵のキャッチ、人間比内鶏永唱大会などのイベントが行われます。会場では比内地鶏をたっぷり使った本場大館の「きりたんぽ鍋」や焼き鳥、毎年行列ができる千羽焼きを食べることができ、全てが比内地鶏にこだわっているお祭りです。

 

【開催時間・会場】
大館市立比内グラウンド

 

【開催日時】
1月25日(土) 9:00~16:00

1月26日(日) 9:30~16:00

 

【アクセス】
JR花輪線「扇田駅」から徒歩20分

 

【問い合わせ】
大館市立比内総合支所地域振興係内比内とりの市実行委員会事務局
TEL 0186-43-7093
FAX 0186-55-1018

HP http://www.city.odate.akita.jp/dcity/h-tiiki/61-6768.html

【イベント】大館アメッコ市(2/8~2/9)

 

『この日にアメを食べると風邪をひかない』と伝えられるアメッコ市の起源は、天正16年(1588年)頃と言われています。
当時は民俗行事でしたが長年行われ続け、昭和47年から現在のようにおおまちハチ公通り(昭和47年当時は大町中央通り)で開催されるようになりました。
現在の大館市で最も高い山「田代岳」から神様がアメを買いにやってくるという言い伝えを再現した「白ひげ大神(しらひげおおかみ)巡行」や「秋田犬パレード」を始めとした様々なイベントが両日行われます。
また、会場には枝アメをはじめ、様々なアメを販売する露店が立ち並び、そのアメを求めて県内外から多くの観光客が訪れます。

 

【開催場所・会場】
おおまちハチ公通り

 

【開催日時】
2月8日(土) 10時~17時30分

2月9日(日) 9時~15時30分

 

【アクセス】
JR花輪線「東大館駅」から徒歩10分

 

【問い合わせ】
大館アメッコ市実行委員会事務局
TEL 0186-42-4360

※当日実施本部
TEL 090-6623-7671

HP http://www.city.odate.akita.jp/dcity/sitemanager.nsf/doc/amekkoichi.html

【イベント】十二所かまくらやき(2/14)

 

紀行家・菅江真澄(1754~1829)の紀行文によると、1803年(享和3年)に大館市十二所を訪れた際、炭俵に落ち葉を詰めて、それを火にかけて振り回す、「かまくらやくの祝い」という行事が行われていたとあります。
俵に火をつけて振り回す行事は、秋田県内の7か所くらいで行われていたとされていますが、十二所の「かまくらやき」は炭俵の中に落ち葉を詰めてある事が特徴です。菅江真澄も紀行文の中で「落ち葉を詰めた俵に火をかけて、さかんにふりまわすと、雪の上に紅葉の散るように火花が舞い散って、いちだんと風情があった」と書かれてあります。
ご希望の方は、どなたでも燃えさかる俵を振り回すことが出来ます。多くの方に来て参加して頂きたいイベントです。

 

【開催場所・会場】
大館市十二所公民館

 

【開催日時】
2月14日(金) 17:30~

 

【アクセス】
JR花輪線「十二所駅」から徒歩5分

 

【問い合わせ】
大館市十二所公民館
TEL 0186-43-7123

十二所かまくらやき広報担当:髙橋
MAIL kamakura@qi-r.com

HP https://www.gi-r.com/kamakura/

秋田犬の里

 

 

 

 

大館駅前に秋田犬にあえる施設として、大館市観光交流施設「秋田犬の里」が2019年度にオープンしました。外観は、大正時代に建築された二代目渋谷駅をモデルにデザインされています。館内では、秋田犬展示室で秋田犬と会えたり、秋田犬ミュージアムで秋田犬の特徴を知れたり、お土産コーナーで秋田犬グッズや地域の特産品を購入することができます。

 

【開催場所・会場】
秋田犬の里

 

【休館日】
12月31日、1月1日
※秋田犬展示室は毎週月曜休み

 

【開館時間】
4月~10月  9:00~18:00
11月~3月  9:00~17:00
秋田犬展示室
 9:30~16:15

 

【アクセス】
大館駅から徒歩2分

 

【問い合わせ】
秋田犬の里
TEL 0186-59-4649